よくラーメンを食べていると、

話題になるのが、ラーメンについてくる「のり」の食べ方です。

 

「のり」愛好家にとっては、そんなことをわざわざブログに書くなんてレベルだと思いますが、世の中には「ラーメンに『のり』なんて意味わからん」というラーメンにのり不要論者もたくさんいます。

 

そんな中、

横浜家系ラーメンぎん家では、のりが3枚もついてきます。

これは、大変です。

 

ぼくも最初はラーメンにのりっているのかなって思っていましたが、家系ラーメンに出会って変わりました。

 

ラーメンに「のり」は最高です。

 

 

家系ラーメンは、のりが3枚トッピングされていることが多いので、家系ファンの方は実に「のり」の食べ方がお上手です。

 

 

ラーメンの「のり」の食べ方

①麺を包む派

まず一番多いのが、のりで麺を包んで食べる麺を包む派。

この流派がおおいですね。

 

麺とスープとのりの夢の共演です。

②ごはんを包む派

これはひとつ上級な技です。

まずのりスープに浸して、そのまんま白ごはんを包んで食う!

これはもうたまりません。一番のオススメの食べ方です。

 

この食べ方を知ってしまった方は、お得なのりトッピング(のりが合計8枚)にして、麺を包みつつ、ごはんも包むという欲張りな食べ方ができます。

 

 

ぜひ、家系ラーメンで「ラーメンに『のり』」をたのしんでみてください。

 

横浜家系ラーメン ぎん家(ぎんや)名古屋駅西口店